top of page
  • 執筆者の写真Mai Omachi

Embraceの本質とは何か




経営者の先輩と深い話をしまして、ここ数日、脳内フル回転で考え事と調べ事をしていた雄町まいです。



 



本質とは何か。


その物から「本質」をとると成り立たなくなるもの。


これを「本質」と呼ぶようです。


例えば焼肉屋で例えるとすると、[お肉]と[肉を焼くもの]がなければ焼肉屋は成立しません。

肉がなければ、そもそもで焼肉ではなくなってしまいます。

焼くものがなくて肉だけなのだとしたら、ミートショップやスーパーの肉売り場で購入すれば肉は手に入るので代替えがききます。




 


サービス業の本質は?


サービス業の本質を考えてみました。

私は「求めているお客様がいらっしゃること」だと考えました。


私のような娯楽産業を営む人間は、求めてくださるお客様がいなければ仕事が成り立ちません。



 


メンズエステの本質は?


メンズエステの本質は何かを考えました。

おそらく大多数のメンズエステの本質は「密着」もしくは「鼠径部」かもしれません。


この2項目のどちらかがあるから、マッサージが下手くそでも、容姿が飛び抜けて良くなくても、スタイルがよくなくても商売として成立しているのだと思います。


もしこれが「性的サービス」を本質ととらえるとしたら風俗エステに行けばいいし、

「マッサージ」ととらえるならメンズエステではない普通の街中にあるマッサージ屋さんでサービスは成立することでしょう。


「私というセラピストに会いにきてる!」と言うのであれば、わざわざメンズエステという業種を利用しなくても会うことはできるので、それは本質にはならないような気がしました。



 



Embraceの本質は?


Embraceの本質を考えてみました。

これは現時点での私の考えであって、1年後にはまた変わっているかもしれませんが…。


Embraceの本質は【大切にされる温かい時間】です。

おそらくこの部分を取り除いてしまうと、Embraceは90分20,000円近い単価をお客様からいただくことが不可能になると思います。



 


「大切にされる温かな時間」に代替えはあるのか


Embraceのコンセプトやサービス内容に代替えがきくのかを考えてみました。

“大切にされる温かな時間”の代替えがなんなのか。

変わりがきくものはなんなのか。


代替えになるようなものが思い浮かばないので、おそらくきっとこれがEmbraceの本質であり、お客様にご提供できることなのだろうなと思いました。


おそらくこのコンセプトや経営理念、Embraceのサービスは、小手先のテクニックで誤魔化しのきくものではないと思っています。




 


Comments


bottom of page